「比賣比古ワイナリー」は、「貴女・貴男のワイナリー」です。
ひめひこワイナリーは、大阪府の東端、柏原市大県、高尾山山頂近くに位置します。
遠く弥生時代にまで遡ることができ、今なお麓に残る大県(おおあがた)神社の祭祀から
比賣(ひめ=女性尊称)と比古(ひこ=男性尊称)の名を頂戴いたしました。
ひめひこワイナリーは、あなた(貴女・貴男)のためのワイナリーです


名醸地柏原で、最高級のワインを造ります。
Natural Farm Grape & Wine Co.,Ltd.
柏原市は、今なお、ぶどうの町のイメージを多く残しています。
駅近くの橋桁などにぶどうのモチーフが描かれ、
高尾山中腹には大きな「柏原ぶどう」の看板が掛かっています。
町を歩いていると、普通の家の庭や、空き地に突然ぶどう棚を見ることがあります。
大阪は、今、製造業の空洞化という大きな時代の変化に直面して、苦吟しています。顧みますと、明治以降、数度にわたり、大きな産業構造の変化に遭遇し、それを乗り越えてきました。
まず、河内木綿に代表される綿業が、明治30年代、外国綿の輸入急増により衰退します。この時、綿花からぶどう栽培へ転換が図られ、その成果によって、大阪府は、昭和3年から10年まで、山梨・岡山を上回る全国一のぶどう生産量を記録しています。
しかし、昭和30〜40年に至り、度重なる台風被害や他府県との競合に加え、製造業の隆盛が高度成長を達成する中で、ブドウ畑は、次々と工場や宅地へ転換されていきました。茨城市・枚方市・交野市・藤井寺市・柏原市・羽曳野市・狭山町・太子町・河南町など、多くの市町村で栽培されていたぶどうも、今では、柏原市北部が最後の砦となっています。
大阪のワインは、主に米国種ぶどうを使用してきましたが、ひめひこワインは、現在の需要に対応して、欧州と日本の最高品種を原料にして、日本人の嗜好に合った高級ワイン造りに挑戦いたします。「名醸地柏原で最高級のワインを!」を合い言葉に邁進いたします。
トップページ こんな会社です ひめひこ創業エッセイ ワイナリーは農匠業
GOO!な景色 ワイン販売 ミニゴルフ